不動産投資

不動産投資はやめとけ、と言われる理由に関して現役FPが第三者目線で解説

将来の資産形成に不動産投資を検討される方で、せっかく検討しているのに人からやめとけと言われたことってありませんか。

今回は、不動産投資はやめとけ、と言われる理由に関して現役FPが第三者目線で解説、という記事をお届けします。

不動産投資に限らず投資には全てリスクが伴いますが、リスクを認識したうえでこういう人には不動産投資はおすすめできない、なのでやめとけとなります。

不動産投資はやめとけと言われる理由

不動産投資というとどのようなイメージがありますか。

一度買った不動産から勝手に家賃収入が入ってくる。

特に手間もなく家賃収入の入ってくる不労所得。

もしこの記事をお読みのあなたがそのイメージを持っているのであればやる前にもう少し勉強が必要かもしれません。

要は、不動産投資はリスクがあるのでリスクを認識して人任せでなく自分でも不動産投資の勉強が必要です。

不動産投資はやめとけの詳細

具体的に、不動産投資はやめとけと言われる詳細はこちらです。

  • 不動産投資にはリスクがあるから
  • 不動産投資には手間がかかるから
  • 不動産投資ローンの借り入れが発生するから

不動産投資を行うときに生じるリスクや手間、そしてローンの借り入れに関してご自身でも認識して勉強していけば不動産投資の選択肢を資産運用の中から敢えて省く必要はないかもしれません。

具体的にみていきます。

不動産投資にはリスクがあるから

不動産投資にはリスクがあります。

具田的にはこちらが不動産投資に関する代表的な不動産投資のリスクになります。

  • 空室リスク
  • 修繕リスク
  • 金利上昇リスク
  • 家賃滞納リスク
  • 地震リスク
  • 家賃下落リスク
  • 不動産価値下落リスク

株を買って株価が変動しないと思って買う人は少ないのと同じように不動産投資も始める前に知っておきましょう。

不動産投資をはじめてみて、リスクを知るのではなく元々リスクを認識していてなるべく上記に当てはまらないリスクを避けられるような物件であったり、立地であったり、管理会社を選択する必要があります。

なお、不動産投資で具体的にワンルームマンションを例に失敗事例と対策に関してまとめていますのでこちらもご覧になってみてください。

参考>>ワンルームマンション投資の失敗とは?失敗を予め知ったうえで対策することが大事

不動産投資には手間がかかるから

不動産投資は物件を買って終わりではありません。

買ってから入居者様が安心して入居してもらい、なるべく長く入居してもらえるように工夫であったり、時にはクレーム対策も必要です。

また、購入後ご自身でも確定申告を行って節税したり、どこかのタイミングで売却するかもしれません。

要は物件を買って終わりでなく、買ってからも不動産投資に関して目を配らせる必要があります。

管理会社に関することは現役管理会社の生の声をこちらにまとめていますのでご覧になってみてください。

参考>>マンション投資を成功させる秘訣は管理の選び方がすべて!その①【現役管理会社社員が秘訣を暴露】

不動産投資ローンの借り入れが発生するから

不動産投資を行うときに、人によっては現金一括購入をされる方もいますが、多くの方は不動産投資ローンを借り入れすることで不動産投資をはじめます。

不動産投資ローンの返済は原則入居者様からの家賃で返済をしますが、空室が出たりするとその間はご自身でローン返済をする必要があります。

ローンを借りるという点では一点デメリットのように思いますが、ご自身の持っている預貯金ではできなかったような大きな金額で不動産投資を行うことができます。

要はレバレッジをかけることができるため他の資産運用にないメリットになります。

絶対にやってはいけない不動産投資の例 住宅ローンを活用する

不動産投資の中で、絶対にやってはいけないものがあります。

それが、住宅ローンを活用した不動産投資です。

元々ご自身が自分で住む予定で住宅ローンを借りて物件を購入したケースは除きます。

住宅ローンを活用した不動産投資は、不動産業者からの提案のケースでそれは詐欺ケースです。

直近アルヒの不正融資も明るみになりました。

住宅ローンは自分が住むためのローンなので投資には原則使えません。

なんちゃって不動産投資と言われるスキームで行う不動産投資は絶対にやめとけです。

やめとけと言われる不動産投資の例 キックバックを貰う

やめとけと言われる不動産投資の例としてはキックバックを貰うケースです。

要は、不動産投資を斡旋する不動産会社からキャッシュバックを受けるスキームです。

一見購入者にはメリットのようですが、内容が詐欺的なのでやめておくほうがいいです。

中身としては、不動産投資ローンを多めに借りさせてその中からキャッシュバックを受けるようにする仕組みで結局目先のキャッシュバックを受けたとしても物件をはるかに高値でつかむことになります。

長い目で見たときに購入したあなたが損する仕組みになりますのでやめておくべき不動産投資の方法です。

不動産投資をもう少しリスクを下げてやってみたい

以上が不動産投資を実際にご自身で物件を購入するケースを想定して記載しました。

くどいようですが、投資に必ずあるリスクを想定した上でご自身でも不動産投資に関して勉強をする必要があります。

もし、もう少し手軽に不動産投資をしてみたい場合には不動産投資クラウドファンディングの仕組みを使ってみてはいかがでしょうか。

ローンの借り入れも不要で1万円から個別の不動産にファンドを通じて投資をすることができます。

具体的に不動産投資クラウドファンディングに関してはこちらの記事にまとめていますのでご覧になってみてください。

参考>>ブリッジシーキャピタル社の運営する不動産投資クラウドファンディングCREAL(クリアル)のメリット・デメリット

まとめ 不動産投資はやめとけに対しての知識をつけるのが先

今回は、不動産投資はやめとけ、と言われる理由に関して現役FPが第三者目線で解説、という記事をお届けしました。

不動産投資をやめとけと言われる理由を予め知った上で不動産投資を行うようにしましょう。

ただ、不動産投資をいくら勉強しても始める時には、本当に物件はここでいいのか、業者はここでいいいのか、もっと安い金利の不動産投資ローンはないのかなど心配は尽きないと思います。

少しでも不動産投資を検討する中で不動産業者ではないワンルームドクターに第三者目線でセカンドオピニオンを依頼してみてはいかがでしょうか。

無料であなたは不動産投資についてセカンドオピニオン依頼することができますよ。

>>無料セカンドオピニオンはこちら

ABOUT ME
ワンルームドクターメディア編集部
ワンルームドクターを運営しているのは、一般社団法人日本セカンドオピニオン協会です。 セカンドオピニオンを通してクライアントの損失回避のお手伝いをいたします。 新しくワンルームマンションを購入するときはもちろん、その後の賃貸管理、ローンの借り換え、売却に関してそれぞれのプロフェッショナルがワンルーム投資家をはじめるあなたにとってわかりやすい記事をお届けしていきます。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。