日本政策金融公庫で不動産投資を行う選択肢は残しておこう