不動産投資

不動産投資で怖い空室リスクを抑える最も重要な対策とは?有利な立地で運用することが大切

不動産投資物件を検討しているお客様から、よく耳にする声があります。

それは、「不動産投資の最大にリスクである空室リスク抑える方法を教えてください。」です。

今回の記事では、不動産投資で怖い空室リスクを抑える最も重要な対策とは?有利な立地で運用することが大切、という記事をお届けします。

結論としては、通勤利便性の高い沿線の不動産物件を購入することで、空室リスクを抑えることが出来ます。

不動産投資において、都内で検討しているのであれば、下記記事が参考になるのでご一緒にご覧になってみてください。

参考>>東京で不動産投資を検討すべきエリアはどこ?都心、城北、城南、城西、城東に分けて解説

不動産投資で立地を重視することで空室リスクを抑えられる理由

不動産投資で立地を重視することで空室リスクを抑えられる理由としては、社会人の入居者は、会社の最寄駅、乗車にかかる時間、最寄駅から自宅までの距離を逆算して部屋を探しているからです。

こういった現状を踏まえると、利便性の良い立地の物件を保有することで、自分が保有している物件が入居予定者の方に閲覧される可能性が高くなります。

不動産投資で立地が重視されるようになった背景

買い物をスマホでできるようになった昨今、都内のオフイスに通勤する社会人にとって通勤利便性は、部屋選びの際により重きが置かれるようになりました。

そして、入居者の部屋選びは、ネットで探すのが基本です。

そのため自分が所有する部屋が部屋選びの際に閲覧される機会が増えれば、入居者の獲得が期待できます。

都内で不動産投資をするときに具体的に良い立地 山手線沿線と大江戸線沿線

具体的には東京の山手線と大江戸線沿いです。(複数のオフィス街を結ぶ路線の物件です。)

大江戸線は勝どき、汐留、大門、六本木、新宿など日本でも日本でも複数のオフィス街を結んでいます。

会社の最寄駅であるという基準をクリアしているので、自分が保有している物件の検索にひっかかりやすくなります。

山手線の東側をカバーする京浜東北線も検討にいれても良いです。

都内で不動産投資をするときに具体的に良い立地 複数の沿線が利用できるエリア

複数の路線が利用できる物件も、入居者に検索されやすいポイントです。

例えば、日比谷にあるワンルームマンションは、日比谷線、有楽町線、山手線、三田線、丸の内線など5路線が利用できます。

もし仮にこの物件を保有していた場合、5路線ものユーザーから閲覧される可能性があります。

このように複数の路線が利用しやすい立地は、千代田、港、中央の都心3区と渋谷、新宿、豊島、文教、墨田の各区です。

都心に通勤しやすい路線は、山手線、京東北線に加え、東京メトロ各線と都営地下鉄、浅草線、新宿線、三田線、大江戸線です。 

上場企業の本社は千代田区 219社、港区217社、中央区181社、新宿区82社とこれらのエリア内に収まっています。

日本の伝統ある大学は文京区、千代田区、新宿区とこのエリアの中にあります。

都内23区で選ぶ際の注意点

同じ23区でも私鉄沿線の場合、私鉄は乗り換えありきの路線で通勤時間を短縮したい20代の社会人の入居需要を確保しきれません。

山手線であれば、東京や品川はもちろん、新宿に通勤する社会人のニーズも獲得できるので、山手線沿いの沿線に物件を保有できれば、入居需要が2、3倍になる立地で、不動産投資をおこなっているといえます。

一般的に23区の地価は西高東低の景況にあります。

23区の賃料は港区を中心に放射状になっています。

社会人にとって通勤利便性はおおきな付加価値です。それほど沿線選びは、重要なポイントです。

立地に加えて管理会社も大事

不動産投資においては、立地が大事ですが賃貸管理会社によって、空室リスクが変わります。

入居者の募集をしてくれる賃貸管理会社は、それぞれの営業手法や集客の方法が異なり大きな差がある為です。

空室リスクを抑えられる賃貸管理会社の見極め方としては、2点あります。

  • 管理会社の管理物件と管理実績を確認すること
  • 対面での確認すること

管理会社の管理物件と管理実績を確認すること

管理している物件や実績を見ることが大事です。

これまでの実績と管理している物件数が多い場合、それだけ信頼されてまかされているということになります。

対面での確認すること

管理会社の担当者や会社は極力対面で確認するようにすることも大事です。

賃貸管理会社の担当者の対応、社内で働く社員の様子を見て、任せても大丈夫かとかんじられるかどうかが大切です。

まとめ 不動産投資は立地を重視しましょう

今回は、 不動産投資で怖い空室リスクを抑える最も重要な対策とは?有利な立地で運用することが大切、という記事をお届けしました。

不動産投資においては、通勤利便性の高い沿線の不動産物件を購入する、つまり立地の良い物件をいかに購入できるかで、空室リスクを抑えることが出来ます。

不動産投資を行うにあたっては、本記事の内容を元に良い立地を元に購入するようにしていきましょう。

ABOUT ME
ワンルームドクターメディア編集部
ワンルームドクターを運営しているのは、一般社団法人日本セカンドオピニオン協会です。 セカンドオピニオンを通してクライアントの損失回避のお手伝いをいたします。 新しくワンルームマンションを購入するときはもちろん、その後の賃貸管理、ローンの借り換え、売却に関してそれぞれのプロフェッショナルがワンルーム投資家をはじめるあなたにとってわかりやすい記事をお届けしていきます。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。